Menu

文字サイズを変更大標準小

サイト内検索サイト内検索

EnglishEnglish
  • Twitter
  • Facebook
新しいくすりで、世界に希望を届けたい。すすめ、新薬キャンペーン新しいくすりで、世界に希望を届けたい。すすめ、新薬キャンペーン
  • 先端分野への挑戦先端分野への挑戦
  • 新薬創出における国内外での役割新薬創出における国内外での役割
  • 産・学・官の協力体制産・学・官の協力体制
  • 研究開発への投資研究開発への投資
  • 製薬協応援大使!「カプセルくん」のご紹介
    くすりの情報リンク過去のキャンペーンページ
新しいくすりで、世界に希望を届けたい。すすめ、新薬キャンペーン新しいくすりで、世界に希望を届けたい。すすめ、新薬キャンペーン

産・学・官の協力体制産・学・官の協力体制

産・学・官が協力して、新薬開発を加速させる。産・学・官が協力して、新薬開発を加速させる。

新しいくすりの開発力強化のためには、製薬産業・アカデミア(大学等)・国の「産・学・官」のスムーズな連携が必要不可欠であり、革新的医薬品の創出に向けて、今後よりいっそうの連携強化が求められています。
そこで、2015年4月には、産・学・官の連携強化と、基礎研究から実用化までの一貫した支援を目指しAMED(日本医療研究開発機構)が設立されました。

AMEDとは産・学・官のチカラを結集させた、これまでにない新たな体制。革新的医薬品を生み出すひとつのカタチとして期待されています。

9つの分野からなるAMED9つの分野からなるAMED

AMEDの設立により、医療分野の研究開発に関する予算が集約され、基礎段階と呼ばれる化合物の発見から、臨床試験、患者さんのもとに届けられる実用化まで、一貫したマネジメントが可能となりました。主に、健康長寿社会の実現を目的とした「再生医療」「がん」「感染症」「ゲノム医療」「難病」をはじめとする9つの分野においてさまざまなプロジェクトが発足され、産・学・官をひとつにまとめた、オールジャパンでの医薬品の創出・医療機器開発が推進されています。

詳しくはこちら

アカデミア・バイオベンチャー企業との連携が今後の創薬のカギアカデミア・バイオベンチャー企業との連携が今後の創薬のカギ

現在、アメリカでつくられる新薬の半分以上は、アカデミアもしくはバイオベンチャー企業が起源となっています。しかし、日本ではそのような実績がまだ少ないのが現状です。そのため、日本における今後の創薬において、アカデミアやバイオベンチャー企業との協力関係を築くことは、非常に重要な課題のひとつ。アカデミア・バイオベンチャー企業との連携が、さらなる創薬の新しい可能性を生み出すのです。

参考になった!
戻る
  • 先端分野への挑戦
  • 新薬創出における国内外での役割
  • 産・学・官の協力体制
  • 研究開発への投資
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE