イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

遺伝子診断から生まれた テーラーメイド医療

同じくすりを飲んでも、効果が現れる人とそうでない人、副作用が出る人と出ない人など、その反応には個人差があります。遺伝子情報の解析によって、原因のひとつは、遺伝子の違いにあることがわかってきました。そこで、遺伝子のタイプを診断し、最も適切なくすりを選ぶ「テーラーメイド医療」が注目されるようになっています。相性が合うくすりが処方されるようになると、くすりがより有効に効く、副作用が少なくてすむ、手術をしなくてすむなど、多くのメリットが生まれることが期待されます。


このページのトップへ