イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

科学技術の結集から生まれるくすり

くすりはもともと自然界にある多くの植物や一部の動物、鉱物などを起源としたものでした。しかし、遺伝子に関する研究が進むにつれて、新薬の開発は遺伝子情報を活用した研究が以前に比べて進展してきました。病気の原因にかかわる遺伝子や遺伝子情報から作られたタンパク質に対して、効果的に作用するくすりをデザインしていきます。これによって、くすりの効果はより的確で、副作用の少ないものになり、従来よりも短い時間で新しいくすりを開発することができると考えられています。このようにくすりはいつの時代も最新の知識と技術によって生み出されるものなのです。

このページのトップへ