イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

遺伝子研究から生まれた “分子標的治療薬”

がんは体の一部の細胞が変化することによって起こる病気です。抗がん剤は、がん細胞を殺す作用に重点がおかれ研究されてきましたが、正常細胞にも作用してしまうため、白血球減少などの強い副作用が現れていました。


このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM