イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

手術をしないですむようになった “消化性潰瘍”

胃潰瘍や十二指腸潰瘍かいようといった消化性潰瘍かいようは、自分の消化液(酸)によって胃壁や十二指腸の組織に傷ができ、潰瘍かいようができる病気です。以前は、潰瘍かいよう部を切りとる手術療法が、治療の主流を占めていました。


このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM