イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

進行を遅らせることができるようになった “アルツハイマー病”

アルツハイマー病は、脳の神経細胞が変性して、記憶や思考・感情が障害される病気です。病気が初めて報告されたのは1906年でしたが、満足な治療法が見つからず、介護に1日の大半が費やされてきました。


このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM