日本製薬工業協会 キャンペーン

イベント・メディア向け情報イベント・メディア向け情報

医療用医薬品について 適正使用 創薬 治験 育薬 情報提供について くすりの価
値 創薬
お問い合わせ
『患者さん中心の医療』を実現するための『情報提供』
くすりの情報の担い手MR(医薬情報担当者)
くすりの情報の担い手MR(医薬情報担当者)

 くすりには、錠剤、細粒、液剤など様々な形のものがありますが、その外観からどのような病気に効果があり、どのように使うのかを判断することは不可能です。くすりは、効能・効果、用法・用量、作用メカニズム、副作用などの正しい情報に基づいて、適正に使用されてはじめて、くすりとしての目的が達成されます。

 このような点から、くすりは『情報をともなった化学物質である』とも言われています。

 そうしたくすりに関する情報の『提供・収集・伝達』などの役目を果たすため、医療機関と製薬企業との間の情報の担い手となっているのが、『MR』(Medical Representatives)と呼ばれる製薬企業の社員です。MRとは『医薬情報担当者』という意味で、その仕事の内容は次のようなものです。

  1. くすりが適正に使用されるため、医師や薬剤師に、くすりの特徴、有効性と安全性、使用上の注意など、有用性だけでなく危険性を含めたくわしい情報を『提供』します。
  2. また、市販後調査を医師や薬剤師に依頼し、くすりの使用成績などのデータを『収集』します。
  3. さらに、収集された情報を分析、検討、評価した結果、くすりの使い方などに改善箇所があれば、直ちにその情報を医師や薬剤師に『伝達』します。
  こうしてMRから伝えられた情報をもとに医療関係者は、より効果があり安全性の高いくすりを処方し、患者さんを病気の苦しみから1日も早く解放するのに役立てるわけです。


図

 くすりの情報は、大変に高度で専門的です。そのためMRには、くすりや医療に関する一定レベルの専門知識が必要とされ、『MR認定制度』が設けられています。

 MRは、患者さんと接する機会はありませんが、くすりの情報活動を通じて『患者さん中心の医療』の一翼を担っているのです。

関連トピックス

MR認定制度

前にもどる 次にすすむ
ページトップへ
| 医療用医薬品について | 適正使用 | 創薬 | 治験 | 育薬 | 『患者さん中心の医療』を実現するための『情報提供』 | くすりの価値 | ホーム |

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM