心筋梗塞


 動脈硬化によって狭くなった冠動脈内に、血栓(血の固まり)ができ血液がその先に送られなくなり、心臓の筋肉の一部が死んでしまう病気。

 激しい胸の痛み、むかつき、脂汗といった症状が現れます。対応が遅れた場合には死にいたることもあります。