狭心症


 心臓の筋肉<心筋>は、冠動脈を流れる血流から酸素や栄養を受け取り、心臓の拍動を生み出しています。この冠動脈が、動脈硬化や一時的なけいれんにより、狭くなって血流の低下を生じ、心筋が酸欠状態になるのが狭心症です。胸の痛み、圧迫感といった発作が起ります。急性心筋梗塞や突然死にいたる危険もあります