自由意思で参加する


治験をお願いする場合は、その目的、方法、期待される効果、予想される副作用などの不利益、治験に参加されない場合の治療法などを文書と面談でしっかりと説明します。患者さんは不明な点について説明を求め、内容を十分に理解したうえで同意書にサインします。もちろん断わられることは自由です。それによって不利益となる扱いを受けることはありません。

治験は、文書による患者さんの同意がなければ、始めることはできません。また同意書にサインした後でも、勿論やめることができます。患者さんの理解と納得が全てに優先されています。