製薬協について 製薬協について

製品情報概要審査会

【重点課題】

  1. 製薬協審査対象の拡大に対応する審査体制の強化
    (1)
    審査運営の充実
    審査対象の拡大に対応するため導入した電子審査システムを改修し、より審査会運営規則に適合するように充実させる。また、より効率的な審査体制を構築するために予備審査体制を見直しグループ審査制を導入したが、審査委員を増員することでより科学的見地に基づいた高レベルな予備審査を追求する。
    (2)
    審査体制の刷新
    予備会議と本審査会の体制を見直し、より専門家の意見を反映できる適正な審査体制を構築する。
  2. 作成要領運用の充実
    (1)
    作成要領の解説及び資料編の拡充を行い、各社の作成要領運用の充実を推進する。
    (2)
    事例説明会等を実施し、作成要領の徹底を推進する。
    (3)
    刷新した審査会レポート形式をより実効性の高いものとする。
  3. 会員各社を対象とした新たな研修体制の構築
    資材に関する責任は、第一義的には会員各社にあることから、製品情報概要審査会としては、各社での審査をサポートする施策を検討していく。
    (1)
    年1回行っている研修会を見直し、より実効性のある研修体制を構築する。
    (2)
    会員会社のアンケートに基づきe-learningの整備を検討し、各社の社内研修の充実化を図る。
<< 目次に戻る  << 前のページに  次のページに >>

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 夢のメディ神殿 2018スペシャル
  • 情報番組「くすりの今と未来~最新創薬レポート~」
  • 情報番組「知りなっせ!聞きなっせ!~たいが気になるおくすり事情~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM