製薬協について 製薬協について

くすり相談対応検討会

【重点課題】

  1. 提供する医薬品情報の検討
  2. 適正使用情報提供のあり方の構築

【重点課題の具体的取り組み内容】

  1. 薬剤師会、PMDA、関連学会等との連携を深め情報共有と相互理解を図る。
  2. 患者等にくすり相談窓口を活用していただく活動を行う。
  3. 患者等への客観的な情報提供、情報提供の範囲およびアクセスの改善に関して検討を行う。
  4. 「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」に則った医療用医薬品の情報提供における解決すべき課題の抽出と対応を行う。
  5. 会員会社ホームページへのFAQ掲載及び標準化を推進するとともに、共通プラットフォーム(PhindMI)普及促進のための課題対応を行う。
  6. 企業くすり相談部門の問い合わせ動向を分析しタイムリーに発信する。
  7. 会員会社に「くすり相談対応の指針」の普及活動を行い対応力の向上を図る。
<< 目次に戻る  << 前のページに  次のページに >>

このページのトップへ

  • ひろがれ、未来。
  • 第31回製薬協政策セミナー
  • 薬剤耐性菌(AMR) アクションファンド 設立発表 記者会見  2020年7月10日
  • やまぐち!ブチ元気!~もっと知りたいくすりの話~
  • 夢のメディ神殿 2020スペシャル
  • Quiz Knockに挑戦!!~くすりの未来を考える~
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
  • くすり研究所
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM