製薬協について 製薬協について

知的財産委員会

【重点課題】

  1. 知的財産に関する国際的課題への取組みの推進
    • グローバルヘルス(医薬品アクセス、顧みられない熱帯病)、生物多様性条約(遺伝資源・伝統的知識、名古屋議定書、合成生物学)及び偽造医薬品対策等の知的財産に関わる国際的な諸課題について、国際機関、海外政府機関及び社会に対して課題解決に向けた働きかけを推進する。
      そのために、IFPMA、海外製薬団体(PhRMA、EFPIAなど)、国際商業会議所及び国内関係省庁等と連携し、内外動向に関する情報収集、課題注出、課題解決策の検討、解決に向けた行動を行う。
      特に重要な課題として医薬品特許の権利化及び権利行使の制限に係る問題について、IFPMA及び海外製薬団体と連携して取り組む。製薬協は韓国対応の担当なので、韓国について、主導的に対応を行う。
      主な具体的活動の例は、
      (1)
      IFPMA/IIPT委員会及び国際商業会議所(ICC)のへの参画
      (2)
      海外製薬団体(PhRMA、EFPIAなど)及び他産業団体との共同
      (3)
      WIPO、WTO、CBD等における日本政府、IFPMA及び国際商業会議所の活動のサポート
      (4)
      専門家及び関係省庁との課題解決に向けた勉強会
      (5)
      課題解決に向けた調査・研究
      (6)
      韓国行動計画に基づく対応
      (7)
      国際機関等で議論されている特許情報公開・透明性についての検討
  2. 知的財産制度の国際調和への取組みの推進
    • 知的財産制度の高いレベルでの国際調和に向けて、国内関係省庁及び海外製薬団体等と連携し、EPA及び特許庁間会合等の2国間及び多国間協議並びにパブコメ対応等を通じて海外政府機関への働きかけを推進する。
      主な具体策は次の3点である。
      (1)
      各国知財制度の問題点について国内関係省庁と協議を行い、2国間及び多国間協議での日本政府の活動をサポートする。
      (2)
      対応する海外製薬団体との共同及びパブコメ対応を行う。
      (3)
      各国政府による知的財産制度の運用実態や司法判断を監視し、取り組むべき問題点を特定する。
  3. 知的財産推進計画等のライフサイエンスに関する課題解決推進
    • 知的財産戦略本部の知的財産推進計画及び健康・医療戦略推進本部等の政府の知的財産に関する計画に対し、
      (1)
      特許期間延長制度
      (2)
      再生医療、ビッグデータ等先端技術に係るあるべき知財制度
      (3)
      AMEDとの連携
      (4)
      医療知財戦略
      のライフサイエンスに関する諸課題を提起し、それらの解決策を実現するために、政府の活動に協力すると共に、他団体、関係省庁と積極的に協議・折衝して実現推進に努力する。具体的には、次の機会を利用して製薬協としての意見を発信する。
      • あるべき特許期間延長制度の検討を行い、可能ならば政府等に提言を行う。
      • 医療関連発明の適切の保護について検討し、提言を目指す。
      • AMEDとの意見交換
      • 政府審議会、調査研究会等への委員派遣
      • 関係省庁との協議・折衝
      • パブコメの提出
  4. 知的財産に関する製薬協としての情報発信の推進
    • 知的財産に関し幅広く情報を収集し、有識者や関係者との意見交換を実施すると共に、知的財産に係る製薬協としての諸提言を積極的且つ効果的に外部発信し、その実現を推進する。
      具体策として、ライフサイエンス知財フォーラム等を情報発信の場として活用することなどである。
<< 目次に戻る  << 前のページに  次のページに >>

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM