製薬協について 製薬協について

Topics|トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
196号タイトル
トピックス画像
前へ1234次へ
「製薬協プレスツアー」を開催
深海堆積物、深海微生物菌株、遺伝子情報等のリソースを、国内の民間企業等の外部機関に広く提供することで、オープンイノベーション体制による深海バイオ資源の開発を推進する「国立研究開発法人海洋研究開発機構」を訪問
line03 line03 line03

2019年度の製薬協プレスツアーは、2019年12月18日に国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の生命理工学センター(神奈川県横須賀市)を訪問しました。JAMSTECは、「新たな科学技術で海洋立国日本の実現を支え、国民、人間社会、そして地球の持続的発展・維持に貢献する」ことを使命として、(1)地球環境変動の統合的理解とその予測、(2)地球内部ダイナミクスの統一像の構築と地震・津波の防災研究、(3)生命の進化と海洋地球生命史、(4)資源研究・海洋地球生命工学の新たな展開、といった課題に挑戦しています。今回のプレスツアーの内容は、一般紙・業界紙の記者9名と製薬協広報委員7名の参加のもと、JAMSTECの海洋機能利用部門の中核である「生命理工学センター」の取り組みに関するセンター長の出口茂氏によるわかりやすい講演と、有人潜水調査船「しんかい6500」の視察でした。参加者は、海洋生物研究と製薬産業とのかかわりの可能性という観点も踏まえて取材をしました。

講演の様子
講演の様子

国立研究開発法人海洋研究開発機構 生命理工学センター センター長 出口 茂 氏
深海バイオテクノロジーとオープンイノベーション

国立研究開発法人海洋研究開発機構 生命理工学センター センター長 出口 茂
line03

国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、地理的には海の表面から深海底・地殻まで、生物の切り口では水族館で見かける海洋生物から極限の環境に生きる微生物までを研究対象としています。日本国内に5ヵ所の拠点(青森、横須賀、横浜、高知、沖縄)があり、生命理工学センターは横須賀に所在します。
 この敷地はもともと海軍航空隊の基地であったところであり、戦後しばらくたってから敷地がJAMSTECと日産自動車追浜工場に分かれました。JAMSTECが所有する「しんかい6500」は横須賀にあります。

前へ1234次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ