製薬協について 製薬協について

Comment|解説

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
189号タイトル
解説カテゴリ画像
前へ1234567次へ
国内における製薬企業での人工知能(AI)の導入状況と課題
―製薬企業へのアンケート結果から見えてきたこと―
line03 line03 line03
表6 導入状況別の人材に関する課題
表6 導入状況別の人材に関する課題

クラウドセキュリティおよびAIの信頼性について

AIはクラウド環境を用いることが多いため、クラウドのセキュリティを含め3つの設問を設定しました。全社に関する設問の結果は図4の通りで、いずれも「わからない」が10社以上あり、AIの結果の信頼性について不安はないと答えたのは3社に過ぎませんでした。製薬企業は医薬品という生命にかかわる製品と情報を扱い、また、薬事法令の規制を受けており、信頼性に対する考え方はほかの分野より厳しいことが影響しているのかもしれません。AIの利用において信頼性だけでなく、著作権等も通常のシステム等とは異なる部分があります。経済産業省から公開されているAI開発・利用に関する権利関係・責任関係等の考え方を含めた「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」[6]は信頼性の考え方も含めて参考になるでしょう。

mark [6]
経済産業省 ニュースリリース「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」を策定しました(2018年6月15日)
http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180615001/20180615001.html
図4 全社的事項の設問中のセキュリティ、信頼性に関する回答集計(会社数) 図4 全社的事項の設問中のセキュリティ、信頼性に関する回答集計(会社数)
前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ