製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
182号タイトル
トピックス画像
前へ12345次へ
「安全衛生技術研修会」を開催
line03 line03 line03

熱中症の対処方法 ~FIREの紹介~

F(Fluid) : 水分補給
I(Icing) : 冷却
R(Rest) : 安静
E(Emergency) : 119番通報


 「熱中症の起こる状況」、「熱中症の発生のメカニズム」、「熱中症の対処方法」の3つの内容を理解することにより、おのずと職場での熱中症予防のための対策を立てることができます。この対策は作業環境管理、作業管理、健康管理、労働衛生教育の考え方の観点から、具体的な内容を検討します。特に大事なことは、職場環境を把握するためのWBGT値(暑さ指数)の測定、管理監督者・労働者への教育研修の実施、適切な休憩と休憩設備の設置です。
 ぜひ、この夏は熱中症発生ゼロで、日本製薬工業協会のみなさんが元気に働くことができることを願っております。

講演風景

講演風景

環境安全委員会 遠藤 真一

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ