製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
180号タイトル
トピックス画像
前へ12345678次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「危機管理としての感染症対策」
line03 line03 line03

感染対策

標準予防策として、手袋をする、ゴーグルをする、穴の開いた靴を履かない等、いろいろな方法がありますが、一番基本になるのは手指衛生(手洗い)です。今日のテーマは「危機管理としての感染症対策」ですが、そういった意味で手洗いは、単純ですが最も大事なことなのです。手を洗う前はたくさん黴菌がいますし、手指消毒してもまた仕事をしているうちに増えてしまうということで、タイミング良く手指衛生をしないといろいろな耐性菌が広がる原因となってしまいます。WHOが推奨する「5つの手指衛生のタイミング」は、1.患者さんに触れる前、2.清潔/無菌操作の前、3.体液に触れた可能性のある場合、4.患者さんに触れた後、5.患者さんの周囲にある備品・器具に触れた後、を求めています(図5)。実際に手指衛生率が高くなると、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の新規検出率が反比例して下がるデータも取れています。

図5 5つのタイミング
図5 5つのタイミング

出典 WHO Guidelines on Hand Hygiene in Health Care より慶應義塾大学病院が一部改変

広報委員会 コミュニケーション推進部会 長沢 孝彦

前へ12345678次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ