製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
180号タイトル
トピックス画像
前へ12345678次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「危機管理としての感染症対策」
line03 line03 line03
図3 ワンヘルス・アプローチ
図3 ワンヘルス・アプローチ

出典 Modern Media 63:1-18, 2017

アクションプランには、1.普及啓発・教育、2.動向調査・監視、3.感染予防・管理、4.抗微生物剤の適正使用、5.研究開発・創薬、6.国際協力という6つの分野に対する目標がありますが、今回は3.と4.について話をします。

より良い感染症診療に求められるもの

ワクチンで防げる疾患はワクチンで予防、適切かつ迅速な診断、適切な治療(抗微生物剤の適正使用)、適切な感染防止対策、が重要となります。ワクチンで予防できる疾患の数は多く、25種類以上あります。1950年代には百日咳・ジフテリア・麻疹等による死亡者が多数いましたが、その後多くのワクチンが開発されて最近では死亡者数ゼロに近い水準となっており、そのインパクトは多大と言えます(表1)。たとえばポリオは1960年に大流行しましたが、その際にソ連やカナダから生ワクチンが緊急輸入され全国一斉に経口接種された結果、患者数は激減しました。その後1964年に定期接種となってからは野生のポリオはほとんど出ておらず、これはまさにワクチンのインパクトがよく表れている事例だと思います。

前へ12345678次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ