製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
178号タイトル
トピックス画像
前へ1234次へ
「第4回 日台医薬交流会議」開催される
line03 line03 line03

2016年12月7日、「第4回 日台医薬交流会議」が東京で開催されました。今回の会議では、日台双方から製薬・医療機器・OTC関係者約240名が参加し、薬事規制や医療保険制度について最新情報の共有、双方の課題について議論することで新薬アクセス改善や上市後医薬品の安全性・品質管理の観点から、相互理解をいっそう深めることができました。

日本・台湾間には2013年11月5日に「医療品規制に関する協力の枠組み設置のための公益財団法人交流協会(日本側)と亜東関係協会(台湾側)との間の取り決め(略称「日台薬事規制協力取決め」)」を含む5項目の了解覚書が締結され、これを契機に「第1回 日台医薬交流会議」が2013年12月に台北で開催されました。「日台薬事規制協力取決め」の主な合意事項としては、日台間の薬事規制に対する相互理解と協力へ向けたプラットフォームの設定、および日台の関係当局に対する協力要請などが定められていますが、第2回より医療機器・OTCもスコープに含め、協力体制の基盤形成とあわせて、各テーマについて毎回、より掘り下げた発表および討論が行われてきています。第3回の会議で日本の審査内容について台湾側の理解が進んだことを踏まえ、2016年7月には台湾の処方薬を対象とした新薬審査登録簡略審査制度に日本が追加される等、大きな成果を得ることができました。今回の会議では、薬事規制や医療保険制度について最新情報の共有、双方の課題について議論することで新薬アクセス改善や上市後医薬品の安全性・品質管理の観点から、相互理解をいっそう深めることができました。

集合写真

集合写真

日本からの主な発表者/参加者

<厚生労働省> 16名
医薬担当審議官 森和彦氏、同安全対策課長 佐藤大作氏、国際薬事規制室長 中島宣雅氏、他13名
<医薬品医療機器総合機構(PMDA)> 15名
理事長 近藤達也氏、上席審議役(国際担当)富永俊義氏、国際部長 安田尚之氏、他12名
<製薬協> 73名
伍藤忠春理事長、平手晴彦国際委員長、堀江清史 アジア部会長、他70名
<医機連> 28名
<OTC医薬品協会> 17名
<一般> 21名

前へ1234次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ