製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
177号タイトル
トピックス画像
前へ12345次へ
「第20回 省エネ・温暖化対策技術研修会」を開催
line03 line03 line03

5.おわりに

ZEBについては、概念から定義がみえるようになってきました。今後は、単純なプラスマイナスの数字競争にならないように、社会に貢献できる質の高い建設物を目指しつつ、高い環境性能の実現に取り組んでいくことが求められます。マーケットへの浸透も図りつつ、ZEB実現に向けて努力が必要と考えています。

最後に

2013年度から日本製薬団体連合会による「日薬連低炭素社会実行計画」(2020年度目標)が始まっており、現在、目標達成に向けた取り組みを継続しています。環境安全委員会では、今後の医薬品市場の拡大に伴うエネルギー消費量の増加が予測される中、省エネ・地球温暖化対策にかかわる国内外の動向、他社の取り組み事例などの情報提供の機会を提供し、今後も会員会社の省エネ・地球温暖化対策への取り組みを支援していきたいと考えています。

環境安全委員会 環境部会 研修ワーキンググループ 古川 誠


前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ