製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
175号タイトル
トピックス画像
前へ123456789次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「AMEDとオーファンドラッグ開発〜実用化に向けて」
line03 line03 line03
図2 AMEDにおける「縦横連携」
図2 AMEDにおける「縦横連携」

創薬支援ネットワークとは、大学や公的研究機関等の研究者が保有する優れた基礎研究の成果を医薬品として実用化に導くため、AMEDが本部機能を担って、国立研究開発法人理化学研究所、同医薬基盤・健康・栄養研究所、同産業技術総合研究所と連携をとり、革新的医薬品の創出に向けた研究開発等を支援する仕組で、2013年に開始しました。
 AMEDでは、創薬支援ネットワークに係る事業を創薬支援推進事業・創薬総合支援事業として推進しており、アカデミア発のシーズを実用化につなげるための支援ということで、実用化の可能性の高い創薬シーズに対して、医薬品開発の「死の谷」といわれている部分の技術支援、非臨床試験、知財管理等に関する支援費用を負担し、探索研究から前臨床開発、権利化、企業導出等を切れ目なく総合的に支援することで、創薬シーズの早期実用化を図ろうと取り組んでいるところです(図3)。

図3 創薬支援推進事業
図3 創薬支援推進事業
前へ123456789次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ