製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
175号タイトル
トピックス画像
前へ123456589次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「AMEDとオーファンドラッグ開発〜実用化に向けて」
line03 line03 line03

製薬協広報委員会は2016年9月16日東京で、「AMEDとオーファンドラッグ開発~実用化に向けて」をテーマにメディアフォーラムを開催しました。日本医療研究開発機構(AMED)創薬支援戦略部東日本戦略企画グループ調査役の林亜紀子氏から、現在AMEDで取り組まれている実用化に向けたオーファンドラッグ開発の現状と課題について講演がありました。講演の概要は以下の通りです。

会場風景
会場風景

日本医療研究開発機構(AMED)について

日本医療研究開発機構 創薬支援戦略部 東日本戦略企画グループ 調査役の林 亜紀子 氏
日本医療研究開発機構 創薬支援戦略部 東日本戦略企画グループ 調査役の林 亜紀子 氏

 AMEDは、2015年4月1日に発足した組織です。
 AMEDは、「医療分野研究開発推進計画」に基づき、医療分野の研究開発およびその環境の整備の実施、助成等の業務を行うことを目的としています。
 文部科学省、厚生労働省、経済産業省の医療分野の研究開発に係る予算をAMEDに集約、機構の運営に関しては中長期計画を策定し、中長期目標の達成を目指し、予算の集約と一体的な実行の実現をすることで研究開発におけるさまざまな支援を行っています。
 1つは、研究費等のワンストップサービス化の実現で、研究支援と環境の整備の一体的な実施や、研究費等の配分を受ける研究機関・研究者の事務負担の軽減であり、2つ目は、基礎から実用化までの一貫した研究管理の実現を目標としています(図1)。

前へ123456589次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ