製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
175号タイトル
トピックス画像
前へ1234567次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「グローバルヘルスにおける日本の貢献を探る」
line03 line03 line03

2016年5月に開催されたG7伊勢志摩サミットにおいて「国際保健のためのG7伊勢志摩ビジョン」が宣言され、国際保健の枠組み強化、公衆衛生危機への備えの強化およびそのための研究開発の推進、薬剤耐性(AMR)対策の強化といった国際保健課題に優先度を上げて取り組むことが求められています。2016年9月7日、製薬協メディアフォーラムにおいて、独立行政法人国際協力機構国際協力専門員の杉下智彦氏が「グローバル社会から日本への期待 -SDGs時代を迎えて-」、製薬協国際委員会の佐々木小夜子副委員長が「国際保健分野における日本の取り組みと企業の貢献」をテーマに各々講演しました。講演の概要は以下の通りです。

講演の様子
講演の様子

杉下智彦氏は、1995年にマラウイ共和国に青年海外協力隊員として派遣され、外科医師として活動して以降、アフリカ大陸を主要な活動地とし、2006年以降は独立行政法人国際協力機構の国際協力専門員として数多くの保健分野のプロジェクトに携わってきました。冒頭、「医療の高度化・先進化に伴って医師が専門性を高めた結果、医師が社会から切り離されていること」、「医が仁術から算術になり下がってしまったこと」に大きな懸念を抱いていると述べ、医療関係者が、地域の道徳規範のリーダー、社会変革の牽引役としての役割を果たしてきた伝統が失われつつあることに危機感を覚えている旨の発言の後、アフリカの声をみなさんに届けたいとの思いを述べ、以下の講演を行いました。

前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ