製薬協について 製薬協について

市民・患者とむすぶ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
175号タイトル
市民・患者とむすぶタイトル画像
前へ123456次へ
第3回 患者団体アドバイザリーボード」を開催
「製薬協 産業ビジョン2025」などについて意見を交換
line03 line03 line03

2016年6月8日、製薬協にて、患者団体連携推進委員会の主催による「第3回 患者団体アドバイザリーボード」が開催されました。当日は、患者団体アドバイザリーボードメンバー5名(表)が参加し、「製薬協 産業ビジョン2025」および「費用対効果評価の試行的導入」について、率直な意見交換が行われました。

会場風景
会場風景

表 アドバイザリーボードメンバー
表 アドバイザリーボードメンバー

「製薬協 産業ビジョン2025 〜世界に届ける創薬イノベーション〜」

患者団体連携推進委員会の喜島智香子委員長による挨拶の後、製薬協 産業政策委員会 ビジョン推進プロジェクト 百瀬和浩リーダーから、2016年1月に製薬協が策定した「製薬協 産業ビジョン2025」について、以下の通り説明がありました。

背景と目的

研究開発型製薬企業の団体である製薬協が産業ビジョンを策定した背景には、以下の点が挙げられます。
 1. 製薬産業の重要性、すなわち革新的な医薬品の継続的な研究開発と安定供給を通して世界の人々の健康と福祉の向上に貢献することを、さまざまなステークホルダーに理解いただくこと。
 2. 製薬産業をめぐる環境変化や直面する課題、たとえば社会保障給付費の伸びをいかに適正にするのか、新薬開発の難度が高まり、国際競争が激しくなっている中、私たち研究開発型製薬企業はどういった方向に進んでいけばよいのか等について製薬協の会員会社と共有すること。
 3. これまで完治に至らなかった病気に対して非常に高い有効性を示す新薬の創出は、患者さんの病状のみならず生活の質や寿命までも変えるイノベーションであり、このイノベーションの価値・重要性をすべてのステークホルダーのみなさんに再認識いただきたい。

前へ123456次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ