製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
173号タイトル
トピックス画像
前へ1234次へ
「第3回 日・タイ合同シンポジウム」開催される
line03 line03 line03

医薬品の研究開発、製造、販売のグローバル化に伴い、とりわけ近年、医薬品の臨床開発、製造の現場としてのアジア諸国と、さらに連携を深めていく独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の方針に基づき、日本とタイ両国の規制当局であるPMDAとThai FDAとの共催で、去る3月24日に、産業界も参加したオープンセッションとして、「第3回 日・タイ合同シンポジウム」がバンコクHotel Windsor Suites & Conventionで開催されました。今回のシンポジウムでは、医薬品分野に関するセッションに加えて、新たに医療機器分野に関するセッションを設け、双方の国からの発表および討論を行いました。

会場風景
会場風景

このシンポジウムは、日本とタイの薬事関係者の相互理解を深め、両国の規制や開発のための協力体制の基盤形成を図っていくことを目的とし、2013年に第1回が開催され、今回は第3回になります。
 さらに、3月25日には、日・タイの官官のクローズドミーティングも開催され、より踏み込んだ議論も交わされました。

シンポジウムの概要

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 理事長の近藤 達也 氏
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 理事長の近藤 達也 氏

日本からは、PMDA理事長の近藤達也氏、国際担当上席審議役の富永俊義氏、国際協力体制整備準備室長の佐藤淳子氏のほか6名、在タイ日本国大使館から経済部公使の内川昭彦氏、唐木啓介一等書記官が参加しました。また、製薬協からは伍藤忠春理事長、藤井松太郎国際部長、長岡秋広国際委員会幹事、堀江清史アジア部会長、佐々木功薬事グループリーダー、金子和裕東南アジアリーダーほか2名のアジア部会員がシンポジウムに参加しました。

Thai FDA副長官のPraphon ANGTRAKOOL氏
Thai FDA副長官のPraphon ANGTRAKOOL氏
 タイ側からは同国の製薬企業とThai FDAから約200名が集まりました。まず、Thai FDA副長官のPraphon ANGTRAKOOL氏、近藤氏、内川氏の3氏から開会の挨拶をいただき、続いてタイと日本の薬事行政の現状について、それぞれThai FDAのChapon RATANAPAN氏(Director, Technical and Policy Administration Division)と富永氏から発表がありました。これらの発表後、医薬品と医療機器の2セッションに分かれ、日本とタイ両国の発表ならびに質疑応答が行われ、盛会のうちに幕を閉じました。

前へ1234次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ