製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
173号タイトル
トピックス画像
前へ12345678次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「最新のがん治療 ―がん免疫療法―」
line03 line03 line03

体の中でがん細胞が増殖するとき、一部のがん細胞は壊れ、がん細胞内に存在するがん抗原が放出されます。その後、樹状細胞などの抗原提示細胞が近づいてきてそれを取り込み(貪食)ます。抗原提示細胞は、取り込んだ壊れたがん細胞に由来するがん抗原の情報をリンパ球に抗原提示します。それによりTリンパ球は活性化され、末梢のがん組織に遊走し、がん細胞に攻撃を加えます。この過程が機能している間は生体にがんが発生することはありませんが、がん細胞は巧妙にこれらの免疫監視を逃れ、臨床的「がん」となります。よって、生体に存在するがんはすでに免疫監視から逃避しているため、がんに対する免疫応答はそう簡単に活性化しない、ということがわかってきました。
 T細胞は、細胞表面にT細胞レセプター(TCR)を出しており、これで相手を見分けます。そしてその相手を攻撃しなければならないもの(異物)と認識した場合に攻撃します。ただ、このとき相手を見分ける(TCRを介したシグナル)だけではリンパ球は活性化しないようにできています。抗原を見分けるとともに、共刺激と呼ばれるシグナルが入らないとリンパ球は活性化されないようになっています。
 相手を見分けるT細胞レセプターを介したシグナルをシグナル1、共刺激を介したシグナルをシグナル2とします。このシグナル1とシグナル2がともに十分に入った場合だけ、リンパ球は活性化します。シグナル1のみ入った場合は、免疫は不応答になります。シグナル2のみ入った場合は、リンパ球には影響はありません。不応答と影響なしには大きな違いがあります。不応答になるとT細胞は、同じ抗原を見分けて活性化しようとしても、2度と反応しなくなります。私たちの免疫応答は1回目でこの抗原に反応してはいけないという情報を得ると、2回目からは反応しなくなるということです。
 今までのがんワクチン療法で用いられたがん抗原は、ほとんどが自己に由来する抗原でした。自己抗原ということは、私たちの体は、がんになる前にすでにそういった抗原に出会っている可能性があり、免疫系は、それらの抗原に対してすでに反応してはいけないという情報をどこかで得てしまっている可能性があります。そういった状態に対し、もう1度免疫応答を起こそうという試みがなされてきましたが、抗原を投与するだけでは難しかった、というのが現状です。
 このようにシグナル1だけが入るということは免疫が不応答を起こすということですので、がん免疫からみると非常に困ったことですが、私たちの体の恒常性を保つという点では、免疫不応答が成立しないと困ったことになります。私たちの体の中には、たくさんの自己に反応するTリンパ球があり、それが免疫応答を起こさないようになっていないと、常に自己免疫の危険にさらされることになります。ですから、T細胞の免疫不応答は、がん免疫でがん抗原に対する免疫応答を活性化しようという点からみると困った機構ですが、自己免疫をコントロールするという点からすると必須の機構であるといえます(図2)。あえて2つのシグナルが入らない限り免疫応答が起こらないようになっているのは、私たちの体を守るためには必要なことなのです。

図2 ナイーブT細胞の活性化

図2 ナイーブT細胞の活性化
前へ12345678次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ