製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
172号タイトル
トピックス画像
前へ12345次へ
製薬協 産業ビジョン2025
「世界に届ける創薬イノベーション」
line03 line03 line03

表1 P4+1医療について

表1 P4+1医療について

製薬協および製薬協会員会社はP4+1医療の実現に貢献し、先進創薬で牽引するために、医療ビッグデータを創薬に有効活用するためのデータベース化に向けた協力や働きかけを行うとともに、世界から創薬資源や知恵を集め、産学官連携による創薬生産性向上や業界内連携・多業種連携による創薬技術・ノウハウの融合に積極的に取り組み、世界最高レベルの創薬力を獲得します。
 個別化医療、先制医療、再生医療等の先進医療技術開発を積極的に推進し、難病やアンメット・メディカルニーズの高い疾患に対する革新的な医薬品を数多く創出します。
 P4+1医療、特に患者参加型医療の実現に向けて、情報発信と育薬を推進するとともに、世界最高レベルの治験実施体制の構築や薬事承認制度の充実、研究開発を促進する税制に関する提言と働きかけを行います。

ビジョン2
『世界80億人に革新的な医薬品を届ける』

今後、生命科学や医療技術のさらなる進歩に加え、人口動態の変化や社会・経済のグローバル化が進展し、医療の国境を越えた展開・交流も進むものと予想されます。このような背景のもと、10年後の世界では、健康や生命への意識がいっそう高まるとともに、優れた医薬品に対する期待が地球規模で高まっていると想定され、製薬産業にはそうした期待に応える責務があります。
 私たちは、経済状況、医療制度、社会文化等、医薬品を取り巻く環境が、国ごとに異なることを認識しつつ、治療薬を切望する世界中の患者さんからの期待に応えるため、自らが創出した革新的な医薬品を文字どおり世界中の人々に届けること、つまり、「世界80億人に革新的な医薬品を届ける」ことをビジョンとして掲げました。なお、本ビジョンの到達年である2025年時点の世界人口は約80億人と予測されており、「世界80億人」という言葉に世界中の隅々にまで革新的な医薬品を届けたいという想いを込めました。
 製薬協および製薬協会員会社は、世界の人々の期待に応えるため、政府や様々な外部機関との協働のもと、各社がグローバルな視野を持ちつつそれぞれの強みを統合して総合力を発揮する体制を構築し、必要とする医薬品へのアクセスを確保するために各国が抱える多様なニーズの充足と課題の解消に取り組んでいきます。こうした取り組みを通じて、会員会社が創出した革新的な医薬品が先進国、新興国、発展途上国それぞれの状況に応じて使用されている将来像を実現します。

補論1
『グローバルヘルスに対する使命と貢献』

グローバルヘルスは、国境を越えた国際的な保健課題です。製薬協および製薬協会員会社はこの課題に対し、政府、国際機関等のステークホルダーと連携し、新薬開発に関わる技術力や経験を活かして解決に努め、世界の保健医療の向上に貢献します。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ