製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
172号タイトル
トピックス画像
前へ12345次へ
製薬協 産業ビジョン2025
「世界に届ける創薬イノベーション
line03 line03 line03

図1 製薬協 産業ビジョン2025

図1 製薬協 産業ビジョン2025

製薬協および製薬協会員会社は、①製薬産業への期待に応えるために先進創薬を追求し、創薬イノベーションを実現することにより次世代医療を牽引していきます。そしてその成果を、②日本をはじめ世界中の患者さんとその家族、生活者に届けていきます。
 これらの結果として、③製薬産業は高付加価値産業として日本経済をリードし、日本の将来を担うに相応しい産業としてのプレゼンスを高めていくと同時に、④これから日本が目指していく健康先進国の実現を支援していきます。この過程においては、⑤自らの志を常に高く持ち、各ステークホルダーからの信頼を得る努力を惜しまず、その期待に応えていきます。
 これらを実現することで創薬に資する好循環を生み出し、製薬協および製薬協会員会社がその全総力を創薬イノベーションに投じていくことが、製薬協 産業ビジョン2025「世界に届ける創薬イノベーション」にかける想いです。

ビジョン1
『先進創薬で次世代医療を牽引する〜P4+1医療への貢献〜』

今後、科学技術の著しい進歩により、遺伝情報をはじめとする個人データや疫学データに基づいて、既に発症した疾患の診断・治療のみならず、疾患が発症する前における診断やその効果・安全性の予測による予防・先制医療の重要性が高まると考えられます。
 こうした概念はP4医療として提唱されていますが、このP4医療に資する革新的な医薬品を世界に先駆けて数多く創出していくことは、医療にとっても、製薬企業が国際競争に勝ち残るためにも非常に重要となります。
 また、既存技術の高度化・融合等も、医療の質や効率を高め、イノベーションをもたらす上で今後も重要です。私たちはこれを「Progressive(進歩的)」と表現し、P4医療にプラス1として独自に加えた概念「P4+1医療」を定めました(表1)。
 P4+1医療は、早期診断・予測により、患者さんの理解のもと、患者さんごとに最適な医薬品が適切なタイミングで提供される医療であり、私たちはこの次世代医療の実現に向けて貢献し、先進創薬でこれを牽引するべく、「先進創薬で次世代医療を牽引する〜P4+1医療への貢献〜」をビジョンとして掲げました。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ