製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
172号タイトル
トピックス画像
前へ12345次へ
製薬協 産業ビジョン2025
「世界に届ける創薬イノベーション
line03 line03 line03

製薬協は、このたび、2025年に向け、研究開発型製薬企業の団体として、製薬企業の将来像を描き、それに向けた戦略の方向性を「製薬協 産業ビジョン2025」として策定しました。 新薬開発の難度の高まり、研究開発費用の高騰、国際競争の激化に加え、社会保障費の歳出抑制強化により、事業リスクが増大しています。 このような中、「製薬協 産業ビジョン2025」は、研究開発志向型の製薬企業がその使命を果たすために、今後、どのような視点でなにに取り組む必要があるかなどについて取りまとめるとともに、すべてのステークホルダーの方々に創薬イノベーションの価値と重要性について、理解と協力を得ることを目的として策定したものです。

ビジョン策定の背景と目的

製薬産業の重要性

私たち研究開発型製薬企業は、革新的な医薬品の継続的な研究開発と安定供給を通して世界の人々の健康と福祉の向上に貢献するという使命を果たすとともに、日本における高付加価値産業の代表として経済成長への期待に応えていかなければなりません。

製薬産業をめぐる環境変化と直面する課題

急速な高齢化と少子化が同時進行する中、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて様々な社会保障制度改革が推進されています。特に医療分野では多くの歳出抑制策が挙げられ、研究開発型製薬企業の存続には、新薬の創出、すなわち創薬イノベーションの成功が必須の状況にあります。
 イノベーションを取り巻く環境においては、新薬開発の難度の高まり、研究開発費の高騰、国際競争の激化等により事業リスクが増大している中、新たな技術開発やオープンイノベーションへの取り組みが加速しています。医薬品市場の面では、先進国市場の成長率は鈍化し、市場拡大している新興国ではさらに強固な事業基盤の構築が求められています。また、医療アクセスが不十分な発展途上国の国々に向けた医薬品の供給に関しても製薬産業への期待が高まっています。
 一方、製薬協は、製薬産業への信頼性の向上と透明性の確保に向けて取り組んできましたが、今後いっそうのコンプライアンスの徹底、ガバナンス体制の強化が求められています。私たちは、人々の生命に関わる産業であるという自覚と責任に基づき、医薬品の品質確保と安定供給の面からも、患者さん、生活者、医療関係者、行政、政治家、投資家等の全てのステークホルダーから信頼される産業でなければなりません。

製薬協 産業ビジョン2025の策定

このような状況下において研究開発型製薬企業への期待と責任を果たすためには、個別企業の主体的な取り組みに加えて、業界団体としても積極的に活動することが重要です。私たちが目指す方向性を示し、創薬イノベーションの価値と重要性について全てのステークホルダーに認識していただくこと、私たちが直面している問題や必要な改革への理解とその解決に向けた協力を得ることを目的として、「製薬協 産業ビジョン2025」を策定しました。

製薬協 産業ビジョン2025

製薬産業をめぐる環境変化や未来予測をもとに、2025年に製薬協および製薬協会員会社が目指すべきビジョンとして「世界に届ける創薬イノベーション」を定め、本ビジョンの具現化に向けて取り組むべき要素を5つに整理し、それぞれについて10年後のビジョンを定めました(図1)。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ