製薬協について 製薬協について

政策研のページ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
172号タイトル
政策研のページカテゴリ画像
前へ12345678次へ
バイオ医薬品(抗体医薬品)の研究開発動向調査
— 適応疾患と標的分子の広がり−
line03 line03 line03

図4 抗体医薬品の標的分子の分類

図4 抗体医薬品の標的分子の分類

注:略語表は文末の表4に記載
出所:Pharmaprojectsをもとに作成

標的分子報告年に関する分析

開発中の抗体医薬品の標的分子が広がっている現状において、これらの標的分子が最初に報告されたのがいつ頃かについての分析を行いました[7]
 現在開発中の抗体医薬品の標的分子は232種あり、そのうちデータベースより最初の報告年数が判明したのは185種(79.7%)でした。標的分子の最初の報告年の年代別の比率は、分析の結果1980年代前半2%、1980年代後半22%、1990年代前半28%、1990年代後半34%、2000年代前半14%、2000年代後半以降0%となっていました(図5表2)。

mark [7]
分析方法:図4で分類した標的分子に対し、Pharmaprojectsのデータベースを用い、targetのEntrez Gene IDを基に、NCBI(National Center for Biotechnology Information)のサイト内Gene Home( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/gene/ )にて検索し、Primary Source内のGenBankまたはENAのデータベースにてtargetの報告年を参照した
前へ12345678次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ