製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
171号タイトル
トピックス画像
前へ1234567次へ
製薬企業におけるReal World Dataの活用
ー医療情報データベース利用の現状

2015年度タスクフォース3「RWDの活用」
line03 line03 line03

図1 社内(日本法人内)に常時使用できる医療情報データベースはありますか?(n=47)

図1 社内(日本法人内)に常時使用できる医療情報データベースはありますか?(n=47)

次に医療情報データベースを社内に保有しているかどうかによらず、データベースの利用経験について尋ねたところ、24/47社(51%)がすでに営業管理以外の目的で利用しており、「利用予定あり」の4社を加えると回答会社の6割がデータベースの活用に取り組んでいることがわかりました(図2)。この割合も外資のほうがやや高い傾向でした。利用目的として最も多かったのは「開発戦略・臨床試験計画」、次いで「市販後エビデンス」でした。複数の目的を挙げた会社も多く、医療情報データベースが創薬や育薬のさまざまな場面で活用されている様子がうかがえました。

図2 医療情報データベースの社内利用実態

図2 医療情報データベースの社内利用実態
前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ