製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
170号タイトル
トピックスカテゴリ画像
前へ12345次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
テーマは「医療におけるビッグデータ:今後の展望と活用」
line03 line03 line03

製薬協 広報委員会では、医療の分野においても今後活用が期待されている「ビッグデータ」を2015年度の製薬協メディアフォーラムのテーマとして取り上げ、2回にわたって紹介することにしました。第1回目のフォーラムは2015年8月18日に開催し、京都大学大学院 医学研究科 健康情報学分野 教授の中山健夫氏が「医療におけるビッグデータ」をテーマに講演しました。講演の概要は以下の通りです。

会場風景
会場風景

中山健夫 氏

「医療におけるビッグデータ」

京都大学大学院 医学研究科 健康情報学分野 教授 中山健夫

line03

1)ビッグデータの時代

2000年代以降、人間が生み出すデータ量は急激に増加しています。医学関係でビッグデータという言葉が初めて登場したのは2008年のNatureの特集号「ペタバイト時代の科学」ですが、その後、2014年には年間220編の論文がビッグデータをタイトルに冠するに至っています。医療におけるビッグデータおよび大規模データベースは、「ヘルスケア」と「ライフサイエンス」の2つの領域で大きな発展が見られます。
 従来は、疫学研究でも研究対象として数千人から1万人前後の規模のデータを扱うことがほとんどでしたが、今では数万人から10万人規模の集団を対象とする研究へと発展しています。しかし、データの扱い方を理解しないまま「ビッグデータ」を扱っても大きく間違った分析結果しか得られません。医療におけるビッグデータは生命にかかわることなので特に留意する必要があります。
 ビッグデータには4つの特徴(4Vs)があります(図1)。
 1つ目はVolume(容量)です。たとえばDVD映画1本は2ギガバイトです。
 2つ目はVelocity(迅速性・経時性)です。次から次へと新しいデータが生成されることですが、たとえば、心電図や酸素飽和度などのモニターから間断なく継続的に測定可能で、時間とともに蓄積されていくデータはビッグデータとなるでしょう。なお、ゲノム情報は塩基対が30億という膨大な情報であっても塩基配列自体は変化しないためVelocityという要件は満たしていないことになります。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ