製薬協について 製薬協について

寄稿

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
169号タイトル
寄稿カテゴリ画像
前へ1234次へ
次期薬価制度改革に向けて
line03 line03 line03

おわりに

次期薬価制度改革における検討課題のうち「新薬創出・適応外薬解消等促進加算の維持・継続」と「基礎的な医薬品の安定供給」に資する施策について述べましたが、これら2つの課題以外にも「長期収載品の薬価」、「市場拡大再算定」、「新薬の革新性評価」、「薬価調査・改定の頻度並びに消費税率引上げへの対応」等、薬価専門部会で検討されると思われる課題は山積しています。そして、どの課題も、各企業の経営に大きな影響を与えるものであるということを認識し、対応していきたいと思っています。
 今後、わが国の医薬品マーケットが後発品シェアの拡大・長期収載品シェアの減少という未曾有の状況変化を遂げていく中にあって、「新薬創出等加算の維持・継続に代表される新薬評価の拡充」と「基礎的な医薬品の安定供給」に資する施策が実現することにより、「国民の健康の維持・増進」と骨太方針に掲げられた「医薬品産業の国際競争力強化」が導かれるものと確信しています。
 これから2015年末の予算編成まで、熱い議論が交わされていくと思いますが、業界の英知を結集し、一枚岩となって対応していきたいと思っています。

前へ1234次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ