製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
168号タイトル
トピックスカテゴリ画像
前へ123次へ
CPhI Japan 2015(国際医薬品原料・中間体展)併催イベント
「わが社のオープンイノベーション」を開催
line03 line03 line03
村西 廣哉 氏

講演4 「武田薬品における研究アライアンスへの取り組みと
     社外シーズ公募の紹介」

武田薬品工業 村西 廣哉

line03

オープンイノベーションを推進するために、武田薬品工業では湘南研究所に大学研究者を招いて創薬の共同研究を行う「湘南インキュベーションラボ」を2012年に開始しました。カナダのBC Cancer Agencyの研究者を3ヵ月に一度研究所に招いており、慶應義塾大学や新潟大学との共同研究も進めています。さらに、本年4月には京都大学「iPS細胞研究所」教授の山中伸弥氏らと共同研究を行うことを決めました。また、公募型の研究についても武田薬品工業として早々に開始する予定です。

最後に

CPhI Japanは、国際医薬品原料・中間体展と呼ばれるように、製薬企業の化合物、製剤関係の担当者が主に参加してきたイベントですが、今回企画された「わが社のオープンイノベーション」のセッション会場には製薬協関係者を含めて400名を超える参加者がありました。AMEDの末松理事長が講演の中で、AMEDの今後の活動における製薬協各社とのより密接で新たな連携に言及されたこともあって、本シンポジウム終了後、製薬会社の講演者がメディアを含めた多くの出席者に取り囲まれていました。

研究振興部 吉田 博明

前へ123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ