製薬協について 製薬協について

Top News | トップニュース

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
167号タイトル
Top Newsカテゴリ画像
前へ12345次へ
「第3回 コード・オブ・プラクティス/
プロモーションコード管理責任者・実務担当者会」を開催
line03 line03 line03

2015年3月5日、AP東京八重洲通りにて「第3回 コード・オブ・プラクティス(COP)/プロモーションコード(PC)管理責任者・実務担当者会」を午後1時30分から5時まで開催しました(表1)。69社158名のCOP/PC管理責任者・実務担当者などが参加しました。


会場風景

表1 第3回COP/PC管理責任者・実務担当者会プログラム

表1 第3回COP/PC管理責任者・実務担当者会プログラム
あいさつする多田正世会長
挨拶する多田 正世 会長

会長挨拶──社員一人ひとりの意識改革を

製薬協の多田正世会長は、コンプライアンス委員会委員長を務めていた昨年5月までの3年間に、会員会社の公正競争規約や薬事法の違反事案が続いたことで製薬業界に対する社会の信頼が損なわれ支持を失うとの危機感をもち、昨今の臨床研究に係る不適切事案で、それがピークになったと述べました。
 昨年6月に製薬協が実施した「くすりと製薬産業に関する生活者意識調査」で、「製薬産業は信頼できる」とする回答が80.9%だったものの、2012年の調査時より5ポイント近く低下していました。その主な背景は臨床試験データの改ざん事案にあったと推定されることから、こうした事態が続けば、当業界への支持率は急落する可能性がある挨拶する多田正世会長との認識を示しました。

前へ12345次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ