製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
167号タイトル
トピックスカテゴリ画像
前へ12345678次へ
「2015 ライフサイエンス知財フォーラム」を開催
line03 line03 line03

〈第3部〉 パネルディスカッション:

~我が国のライフサイエンス産業の競争力強化のために~

● コーディネーター 奥村 洋一 氏
● パネリスト 荒井 寿光 氏、宮下 知子 氏、渡辺 俊博 氏、飯田 香織里 氏、菱山 豊 氏、高尾 幸成 氏

line03

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションでは、【~我が国のライフサイエンス産業の競争力強化のために~】と題して、講演の部の演者の方々をパネリストに迎えて議論がなされました。
 まず、「日本の製薬企業が世界で10位に入っていないのはさびしい。トップ企業を目指して頑張って欲しい」との激励の言 葉からはじまりました。

1. プロイノベーションと知財戦略

基本特許が1つという今までの医薬品分野とは異なり、イノベーションの代表であるiPS細胞や再生医療の分野は、製品にかかわる特許が数多く存在するので、普通の産業になり得る側面をもっています。イノベーションを興していくうえで、これら数多くの特許を具体的にどう取り扱っていくかが問題となります。
 大学が取得した特許については、無償で技術を普及させてはどうか、少なくとも汎用性の高いところはアカデミアのミッションとして広く普及をすることが必要ではないか、という考え方もあります。しかし、必ずしもそれで良いとは限りません。アップルとサムスンのケースに鑑みて、標準技術にかんする数多くの特許が存在し得る場合、標準規格必須特許については特許権者よりライセンスする用意があると宣言させ、ライセンス(またはクロスライセンス)を得ることで標準技術の利用を普及させることが挙げられます。
 汎用性のある発明についても1つの原則はなく、標準技術として合理的な条件で多くの人に使ってもらうのが良いということもあれば、1つの会社に許諾して使ってもらうほうが良い場合もあります。1社だけがオープンにしても、他者特許を気にせず事業をすることはできないということが問題なのです。技術の活用には目利きが必要ということかもしれませんが、知財部門の方にも考えていただきたいところです。
 FRAND宣言するようなパテントプールを作ろうという話についても、iPS細胞といったバイオロジクス、再生医療などでは、いろいろな考え方が必要かもしれません。イノベーションを興すには、複数者での共有も必要で、研究・知財が一緒になって考え、さらにはそういうコミュニケーションが大学とも一緒に行われる必要があります。
 ほかの既存のモデルとしては、オープンソースコミュニティー(例、LinuxのGeneral Public License、GPL)があります。プログラム(ソースコード)を無償で利用させ、改変など開発した結果のソースコードをほかのユーザーに公開し、無償で利用させるモデルです。多くの場合、特許についても権利不行使などの条件を要求しています。開発者を含む利用者が増えることでさらに利用性などの質は向上します。不特定多数の個人を含むユーザーによる開発であることは注意を払う必要がありますが、このようなコミュニティーの形成に基づき、共通して使えそうなテクノロジーはオープン化することにより、1社では思いつかなかった異なる使い方が、ほかの会社で思いついたといったことがあり得ます。最終物で他者と差別化し、独占性を保つのです。見極めが必要ですが、イノベーションを興すには、どこで使えるか、ビジネスできるかを常に考えていることが重要です。

前へ12345678次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ