製薬協について 製薬協について

政策研のページ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
167号タイトル
政策研のページカテゴリ画像
前へ12345678END
医療健康分野のビッグデータ活用の現状と課題
−ビッグデータが医療の概念を変える−
line03 line03 line03

医療健康分野ビッグデータの利活用のためのインフラ整備には国を挙げた取り組みが必要であることをうけるかたちで、健康医療戦略推進会議の下に「次世代医療ICT基盤協議会」が設置され、本年4月2日に初会合が開催されました。この協議会にはテーマ別に多数のワーキンググループが作られ、国の基盤整備の大きな推進力となることが期待されています。
 この分野のデータや医療資源、研究成果などに対して、医療健康関連産業の立場からは、特に2次利活用を含めたオープンイノベーションが実践できる体制推進が望まれます。医療健康分野ビッグデータを用いた研究の重要性はこれから益々高まっていくことが考えられます。アメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health、NIH)は「Big Data to knowledge(ビッグデータからの知識の生成)」の重要性を強く意識した研究戦略を推し進めていますが、このデータから生み出される付加価値の大きさの面と、近い将来の社会体制や国家財政の面からも、医療健康分野ビックデータを用いた研究は極めてプライオリティが高いものです。医療健康分野ビッグデータの公共財産としての重要性について国民の理解と合意を取りながら、オールジャパンで基盤整備の取り組みを進めてもらいたいと考えます。

医薬産業政策研究所 統括研究員 森田 正実

前へ12345678END
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ