製薬協について 製薬協について

Comment | 解説

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201501タイトル
Comment
前へ1234567次へ

CIOMS ワーキング・グループ Ⅵ 報告書 第4章より

「臨床試験における安全性データの収集と管理」の紹介 第3回〈最終回〉
line03 line03 line03

スポンサーが有害事象を適切に分類したり解釈したりするために、外部の独立した医学専門家や独立した専門家のグループに助言を求めたいと考える場合がある。データ安全性評価委員会(Data Safety Monitoring Board、DSMB)が設置されている試験の場合、DSMBの委員構成によっては、安全性(さらに有効性)のモニタリングをスポンサーから独立した立場で行うというDSMBの通常の役割・責任に追加して、このような相談業務を行うこともあり得る。

[訳者注]

データ収集にかかわる医療機関やモニター・安全性担当者などは個別症例における安全性評価に主眼をおいているのに対し、DSMBは重篤な有害事象、治療中止に至った有害事象、特に注目すべき有害事象など、重要な有害事象についての個別症例における安全性評価に加えて、集積されたデータに基づく安全性評価に主眼をおいている。


医師は、スポンサーが合意しなかった報告語を変更しない権利を常に有している。すでに述べたように、スポンサーは意見が一致しなかった理由を詳細に文書化するとともに医師の報告語を残すべきである。そのような意見の相違は受け入れられる。たとえばICH E2BガイドラインのB.5.3「送信者による診断名/症候群および/または副作用/有害事象の再分類」は文書化のために用いられる場合がある。意見の重大な相違があるという状況はおそらく例外的であるが、解析や監査に備えて明確に文書化しておかなければならない。
 とはいえ、候補薬の安全性プロファイルが十分にわかっていない開発初期において、医師が報告した“そのままの”情報を解析したり評価したりすることに利点がある場合もある。しかし、安全性情報が増え理解が深まるにしたがい、用語の標準化や標準的な用語やその定義について医師に伝えることを検討すべきである。

[訳者注]

たとえば、開発早期において「口が渇く」、「口渇」、「口内乾燥」と別々の用語で報告された有害事象の事象としての同一性について被験薬の作用機序を考慮し、開発後期にはこれらの事象を「口内乾燥」と報告すべきであると医師に伝えることは許容されるであろう。同一の現象に対して用いられた異なった報告語がICH国際医薬用語集(Medical Dictionary for Regulatory Activities Terminology、MedDRA)の中で異なった器官別大分類(System Organ Class、SOC)に分類されてしまう場合があり注意が必要である。


有害事象の集計表には、利用目的に応じて、医師による報告語[2]とスポンサーによる報告語の両方を提示することができる。しかし、第5章で議論するように、主要な安全性解析、特に開発中核安全情報(Development Core Safety Information、DCSI)や企業中核安全性情報(Company Core Safety Information、CCSI)を作成するために用いる解析は医師の報告語に基づくべきである。
 特に臨床開発の早期においては、適切な診断名を付けることができず、1つあるいは複数の症状・兆候からなる有害事象報告となることが多い(頭痛、悪心など)。どのような場合に、症状・兆候の集まりを潜在的に重要な病態の診断とすべきかは、課題である。
 そのような情報はシグナルの検出や評価に役立つ。(連載第2回の)セクションc.3.で述べたように、医師は有害事象を、可能な場合にはいつも、診断名や症候群として報告することが推奨されるべきである。医師がそのような報告をしない場合であっても、報告される症状・兆候、検査結果、処置薬が既知の症候群(たとえば胸痛、CK-MB上昇、血栓溶解剤による急性治療)を強く示唆する場合には、スポンサーが解析目的で可能性の高い診断名(この例の場合は心筋梗塞)を割り当てることがある。
 このような選択肢があることはICH E2BガイドラインB.5.3に述べられている。すでに推奨したように、集積されたデータに基づき因果関係を見極めるため、第5章、第6章で説明される標準的な方法を用いた評価を後に行えるよう、被験薬との因果関係が疑われるかどうかによらず、すべての有害事象を収集することが不可欠である。
 ある種の事象は、ドラッグクラスとして予測されている場合がある。また、試験の対象となっている患者集団の性質から背景発生率が知られており、特別な注意が必要な事象もあるだろう。

[訳者注]

ある種の事象は、患者集団の性質から被験薬が使用されなくても背景として発現することが知られている。その中には、早期に発見し、適切な対応を行うために注意が必要な事象がある。


mark [2]
医師が最初に報告した用語は、スポンサーが日常の業務やコード化において用いている言語とは異なる言語である可能性がある。このような場合、ここでいう「報告語」とは、最初の報告語をスポンサーが用いている言語に適切に翻訳された用語であることを意味する。
前へ1234567次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ