製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201501タイトル
topics
前へ1234次へ
「第2回 日・タイ合同シンポジウム」開催される
line03 line03 line03

医薬品の研究開発、製造、販売のグローバル化に伴い、とりわけ近年、医薬品の臨床開発・製造の現場としてのアジア諸国と、さらに連携を深めていく医薬品医療機器総合機構(PMDA)の方針に基づき、2013年10月に開催された第1回シンポジウムに引き続き、日・タイ両国の規制当局であるPMDAとThaiFDAとの共催で、去る10月15日(水)、16日(木)に、産業界も参加したオープンセッションとして、第2回日・タイ合同シンポジウムがバンコクFour Wings Hotelで開催されました。

このシンポジウムは、日・タイの産業界薬事関係者の相互理解を深め、両国の医薬品規制や開発のための協力体制の基盤形成を図っていくことを目的としています。
 さらに、17日には、日・タイの官官のクローズドミーティングも開催され、より踏み込んだ議論も交わされました。

出席者風景
左からThaiFDA 長官 Boonchai Somboonsook氏、
駐タイ日本大使館 経済部公使 内川昭彦氏、PMDA 理事 重藤和弘氏

シンポジウムの概要

日本からは、PMDA 理事 重藤和弘、審議役 鹿野真弓、調整役 三澤馨、審査役 野中孝浩、調査役 角井一郎、調査専門員 山田香織、調査役 古賀大輔、国際部課員 羽田幸祐、国際部課員 横田亜砂子の9氏、駐タイ日本大使館から経済部公使 内川昭彦、一等書記官 唐木啓介の両氏が参加しました。また、JPMAからは国際部長 赤坂光三、国際委員会幹事 赤田幸雄、国際委員会幹事 長岡明彦、アジア部会長 堀江清史、薬事Gリーダー 佐々木功の5氏のほか6名のアジア部会員がシンポジウムに参加しました。
 タイ側は同国の製薬企業とThaiFDA(TFDA)から総勢227名が集まりました。まず、重藤、内川、TFDA長官 Boonchaiの3氏が開会のあいさつを行い、続いて「New Drug Review and Pharmaceutical Affairs Act」/「GMP Inspection」/「Pharmacovigilance」の3つのセッションで日・タイ両国の発表ならびに質疑応答があり、最後に次回の開催が会全体で確認されました。最後にTFDA副長官のPathom Sawanpanyalert、鹿野両氏による閉会あいさつで、盛会のうちに幕を閉じました。
(日・タイ合同シンポジウム:http://www.pmda.go.jp/kokusai/2014thailand_sympo.html

前へ1234次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ