製薬協について 製薬協について

市民・患者とむすぶ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201501タイトル
conclusion
前へ123次へ
「よりよい患者団体の活動に向けて」をテーマに
第26回、第27回製薬協 患者団体セミナーを開催

line03 line03 line03

2014年10月8日「第26回製薬協 患者団体セミナー」を東京(経団連会館)で、10月22日「第27回製薬協 患者団体セミナー」を大阪(大阪第一ホテル)で開催しました。今回は「よりよい患者団体の活動に向けて」をテーマとし、助成財団センター 理事長、日本NPOセンター 顧問の山岡義典氏による講演がありました。セミナー当日は東京会場で55患者団体・患者支援団体から81名、大阪会場で42患者団体・患者支援団体から50名の参加があり、講演後、活発な質疑応 答が行われ、その後の交流会では参加者同士による意見交換や情報共有が行われました。

東京会場の様子
東京会場の様子
大阪会場の様子
大阪会場の様子

「第1回 患者団体意識・活動調査」結果報告書の内容紹介

講演に先立ち、製薬協 患者団体連携推進委員会 丸本康博氏より、2014年1月に実施した「第1回 患者団体意識・活動調査」の調査結果が報告されました。主な調査結果としては、患者団体の組織形態について、「任意団体」が50.3%と約半数で「NPO法人」が29.8%であること、会員数は500名未満の団体が57.1%であること、2000~2009年に設立された団体が最も多く38.7%であることなどが報告されました。また、組織運営上の課題として「活動資金の不足」が最も多く、続いて「代表者・役員の後継者」、「運営スタッフの確保」、「会員の維持・拡大」が課題であるとの回答が寄せられ、団体の維持運営に関する心配事が多いという調査結果でした。

飯田 圭哉 氏

line03

〈講演〉

助成財団センター 理事長、日本NPOセンター 顧問  山岡 義典

患者団体に求められる組織基盤の強化

line03

患者団体は多様化しており、患者自身やその家族だけでなく、治癒した人、未病者、最近では市民サポーター、医療関係者、弁護士などさまざまな人々が参加しています。患者団体の活動は、当事者組織として同じ課題を抱えて生きる者同士が当事者性を活かしたピア・サポート(経験を共有しながら支え合う活動)、アドボカシー(人権を擁護するため政府や企業や社会全般に政策提言を行っていく活動)の2つが活動の両足となります。

前へ123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ