製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201409タイトル
topics
START123次へ
製薬協特別番組 テレビ信州
「学ぼう!!おくすりのこと~健康長寿を考える~」公開収録を開催
line03 line03 line03

2014年9月27日、長野市の勤労者女性会館しなのきにおいて、製薬協特別番組「学ぼう!!おくすりのこと〜健康長寿を考える〜」の公開収録を行いました。当日は70名を超える市民の方が参加し、健康長寿のために気を付けたい〈疾患〉と、それらの治療に必要なくすりの〈製造〉〈開発〉について、出演者の方々と一緒に楽しく学ぶ機会となりました。なお、当日の様子は11月1日にテレビ信州にて放送されました。

会場風景
会場風景
出演者
会場風景

学ぼう!! おくすりのこと

広報委員会コミュニケーション推進部会では、研究開発志向型製薬企業および医療用医薬品が果たしている社会的役割の重要性について、広く一般の方々に理解していただくことを目指して、2014年度も地方テレビ局とタイアップして公開収録とテレビ放送を実施しました。
 この度の公開収録には、信州大学 整形外科 准教授の内山茂晴氏、長野県薬剤師会 常務理事の高田弘子氏に加え、長野県出身の俳優・倉石功さん、タレント・中島史恵さんがゲスト出演し、製薬協からは川原章専務理事が参加しました。
 番組の冒頭で川原専務理事より、くすりには病院で処方される「医療用医薬品」と、薬局やドラッグストアで購入できる「一般用医薬品」があり、そのうち医療用医薬品には「新薬」と「ジェネリック医薬品」の2種類があると説明がありました。そして製薬協は、患者さん・医療関係者の皆さんの協力を得て創り出される新薬を開発する研究開発志向型の製薬会社72社で組織している団体であることの紹介がありました。

START123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ