製薬協について 製薬協について

Comment | 解説

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201403タイトル
Comment
前へ1234565次へ
CIOMSワーキング・グループ Ⅵ 報告書 第4章より
「臨床試験における安全性データの収集と管理」の紹介 第1回〈全3回〉
line03 line03 line03

世界共通の臨床試験の実施基準(ICH E6 ガイドライン)は存在するが、安全性監視のためにどのようなデータを収集すべきかを詳細に定めた基準はない。ICH E2Aガイドラインは、重篤で予測できない副作用の緊急報告に含めるべき主要なデータ要素を規定し、ICH E2Bガイドラインは個別症例の副作用の緊急報告を規制当局へ電送する際に含めるべきデータ要素を規定しているが、これらの基準は、試験実施中に必要になるかもしれないすべての安全性データを規定しようとはしていない。試験のプロトコルは、試験の実施方法を規定するための最も重要なツールであるはずだが、こと安全性データの監視や収集については、必ずしも十分に特定されていなかったり不十分であったりする。プロトコルの安全性の箇所に標準的な雛形を用意し、必要に応じて改定や補足を行えるようにすることは有用である。

[訳者注]

規制対応、報告のためのデータ収集ではなく、被験者を保護するとともに当該化合物の潜在的な安全性プロファイルを明らかにするためのシステマティックな戦略が重要である。一般的に収集に配慮すべき安全性の課題はCIOMS Ⅵ第3章e.に記載されているが、これに加えて当該化合物について得られている情報から推定される課題について計画に含めることが推奨される。また、これら課題に対する臨床試験に参加する医師への教育(事象の定義、診断を含む)が情報の収集力の向上に役立つ場合がある。

スポンサーのモニター(Clinical Research Associates、CRAs)は、臨床試験参加施設からの有害事象報告が正確かつ適切に行われているかの確認に大きな影響力をもっている。安全性情報の完全性、正確性を評価し、不備を発見し、適切な安全性報告を安全性担当部門にタイムリーに行うことは、モニターの責務である。モニターの役割についての有用なまとめが公表されている[6]
 本章も本報告書のほかの章も、新医薬品の開発、つまり第Ⅰ相から第Ⅲ相試験までに焦点を当てているが、医薬品の安全性プロファイルを理解するための第Ⅳ相試験の役割を過小評価するべきではない。第Ⅳ相試験は、大規模な市販後調査や観察研究とは区別され、販売承認の条件として規制当局から求められる約束(post-authorization study requirements)の一部である場合もある。第Ⅳ相試験には、臨床試験データベースを拡充するという重要な役割がある。この種の試験では、第Ⅰ相から第Ⅲ相試験までのように丁寧に安全性モニタリングを行うことは必ずしも求められないが、本章で述べられる原則や考え方は適用可能である。
 第Ⅳ相試験は比較試験である場合もそうでない場合もあり、(投与方法も含め)臨床の実態に近づけ、多数の患者を組み入れるが、ある程度の一般的な安全性モニタリングを求めることがある。一方、承認前後の試験(申請時に試験結果を提出する試験の完了の頃に開始され、第Ⅲ相試験で収集されていた評価項目と同様の評価項目が収集される試験)では、より丁寧な安全性モニタリングを行うことが非常に重要である。

[訳者注]

このような臨床試験が実施されるのはそれなりの必要性があるはずだが、それが安全性に関するものでない場合であっても、申請時の安全性データを丁寧にレビューし、安全性データの充実がなされるべきである。

mark [6]
Nylen RA. The Impact and Responsibilities of the Clinical Research Associate (CRA) on the Accuracy of Adverse Event Reporting. Regulatory Affairs Focus 2000; April: 16-20.

検討が求められる安全性の課題に、より焦点を当てる必要がある場合もある。これはオーファン薬に対する市販後研究にも当てはまる。このような研究は、有効性をさらに評価することを主要目的とする場合もあるが、(オーファン薬では)承認前の患者への曝露が限られているため、安全性モニタリングも極めて重要な要素である。ワクチンや迅速な承認が与えられた医薬品(抗HIV薬や抗がん剤など)では、オーファン薬と同様かそれ以上の留意が必要である[7]

mark [7]
ワクチンの多くの開発プログラムに含まれる集団はかなり大きなものであるが、実際に使用される一般の集団(通常小児)に比べれば、なお小さな集団である。追跡期間が短い場合も多い。遅発性の後遺症について信頼性、正確性の高い検出を行うのは困難である。したがって、市販後の研究デザインが非常に重要になる(特定の地域で研究を開始するが、比較対照が異なった地域に存在したり、異なった季節であったりするクラスター・デザインなど)
前へ1234565次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ