製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201409タイトル
topics
START123次へ
環境安全委員会「安全衛生技術研修会」を開催
line03 line03 line03

環境安全委員会は、2014年7月4日、製薬協において「安全衛生技術研修会」を開催しました。今回は、経営の視点からみた職場の位置づけと職場の変化に関する演題と、東日本大震災以降に作られた事業継続計画を実行していく能力を高めるためのマネジメントに関する演題の2題について、講演を行いました。

会場風景
会場風景

守島 基博 氏

│講演1│

経営視点から見た健康いきいき職場づくり

一橋大学大学院 商学研究科 教授 守島 基博

line03

企業経営の中における職場は、いろいろな機能をもっています。私なりに整理をすると、4つの機能があると思っています。協働、人材育成・活性化、コミュニティ、そして同質化です。これらの表機能と、その裏返しになる裏機能の両方を、美しいバランスをもって保っていたのが、日本の多くの企業で崩れてきているという感覚が私の中にあります。機能する職場というのは、企業の経営、競争力にダイレクトにつながっていくというのが私の基本的な考えになります。
 職場が機能しなくなって、職場がだんだん弱っているというのが、日本全体の企業にみられる一つの共通した現象ではないでしょうか。職場が劣化することと、個人がメンタルで弱ってくることは、実は同時並行的に起きてくる可能性が非常に高いといえます。私は、このような一連の現象のことを「職場寒冷化」という言葉で呼んでいます。多様な要因によって職場が変質して、職場がもつべき本来の機能が果たせなくなるということが、「職場寒冷化」の私の定義です。もし「職場寒冷化」が起こっていると、それは働く人にとってもまずいことだし、企業全体の状況としてもまずいことになるという気がしています。

START123次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ