製薬協について 製薬協について

Topics | トピックス

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201409タイトル
topics
前へ123456次へ
「製薬協メディアフォーラム」を開催
乳幼児以外を対象としたワクチン ~ ワクチンの広がる可能性
line03 line03 line03

製薬協広報委員会は2014年6月6日、製薬協メディアフォーラムを開催しました。今回は「乳幼児以外を対象としたワクチン~ワクチンの広がる可能性」をテーマに、川崎医科大学小児科教授の中野貴司氏が講演を行いました。講演の概要は以下の通りです。


中野 貴司  教授

川崎医科大学 小児科 教授
中野 貴司

 2013年4月に施行された改正予防接種法により、定期接種対象疾病の追加、副反応報告制度の法定化、新しい予防接種の評価・検討組織としての「予防接種・ワクチン分科会」の設置、そして予防接種の総合的な推進を図るための予防接種基本計画の策定など、国内の予防接種行政には大きな変革がもたらされました。特に、予防接種・ワクチン分科会では、被接種者の負担を減らすための混合ワクチン開発やいまだ予防手段が確立されていない疾患に対する新規ワクチン開発への期待が示されました。さらに、国際化社会における渡航ワクチンの必要性や、近年の青年期における風疹の流行、高齢化社会における疾病予防のニーズの高まり等を踏まえると、ワクチンが果たす役割は、従来の「乳幼児の疾病を予防する」という枠を超えて広がりをみせていることは明らかです。


子どもばかりではない、ワクチンによる感染症予防

 ワクチンで病気を予防するのは子どもばかりではありません。主な感染症の動向を整理します。


風疹
  2013年の性別風疹累積報告によると、流行の中心は成人男性となっています。報告数の8割は男性で、そのうち20代~40代が8割を占めています。これは、1979年(昭和54年)4月1日以前に生まれた男性は、定期予防接種の機会がなかったことが影響していると考えられています(図1参照)


図1 風疹の定期予防接種制度の変遷

Topics3図01

(参考:予防接種に関するQ&A集 2013年版)

前へ123456次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ