製薬協について 製薬協について

政策研のページ

最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前 pdf
201409タイトル
policy
STARt1233次へ
国・企業国籍からみた医薬品の創出と権利帰属
line03 line03 line03


 有効成分をもとに図12を再集計したのが表1です。低分子化合物などの化学化合物に基づく医薬品において日本は創出国として世界2位であり、イギリス、スイス、ドイツがそれに続いています。一方、バイオ医薬品においてはアメリカが創出国として圧倒的であり、7割以上を生み出していました。創出国、創出企業国籍のいずれでみても売り上げ上位100品目に限ると日本はバイオ医薬品を創出していません。これに対してスイスは創出国としては日本と同様バイオ医薬品を生み出していないものの、スイス企業は国外のグループ企業を通して6つのバイオ医薬品を創出していることがわかります。

表1 有効成分分類と創出元

創出国
創出企業国籍
化学
バイオ
化学
バイオ
アメリカ
24.9
24.5
27
20
イギリス
8.5
1.4
8
日本
8.8
8
スイス
6.6
9
6
ドイツ
5.3
1
5
2
ベルギー
3
1.1
2
フランス
3
1
1
1
デンマーク
4
4
スウェーデン
2
2
イスラエル
2
2
2
1
2
1
66
34
66
34

出所 : 図1に同じ

ライセンサー企業国籍

 上記100品目について2014年5月時点でのライセンサー企業(医薬品の権利帰属企業、実施許諾者)国籍を調べました[6]。結果を図4に示します。

図4 ライセンサー企業国籍

政策研図04

出所 : ©2014 IMS Health. World Review, LifeCycle、
Pharmaprojectsをもとに作成(転写・複製禁止)


mark [6]
権利関係が複雑な場合、主たる権利を有している企業という観点から種々の情報をもとに筆者が判断しました。
STARt1233次へ
最新号目次へ 既刊号一覧2014年5月以降2014年3月以前

このページのトップへ