製薬協について 製薬協について

「公開対象の各項目について」

目次

Q15
研究費開発費等はどのようなものですか?
A15
大学等アカデミアとの共同研究にかかる経費や医療機関等に対して臨床試験や製造販売後調査を委託する際に発生する経費です。研究開発型の製薬企業にとって、革新的新薬の開発はその生命線です。この活動は、製薬会社単独でなし得るものではなく、多くの医療関係者、患者さんの協力なしには実施できません。共同研究、委託研究、臨床試験等はGCP省令などの厳格な公的規制のもとで行われており、その医学的評価はその専門領域の研究機関・医療関係者により中立的・公平に行われています。また、製造販売後調査、副作用・感染症症例報告等は製薬企業の義務であり、かつGPSP省令、GVP省令などの厳しい公的規制のもとに医療機関等の協力を得て実施されています。また、製薬協会員会社は2009年より自主規制に基づきJAPIC臨床試験情報への臨床試験の登録および結果の公開を行うなど透明性の向上に努力してまいりました。
(注)
【GCP】Good Clinical Practice 医薬品の臨床試験の実施に関する基準
【GPSP】Good Post-marketing Surveillance Practice 医薬品の市販後調査の実施に関する基準
【GVP】Good Vigilance Practice 医薬品、部外品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理基準
【JAPIC】Japan Pharmaceutical Information Center 日本医薬情報センター

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM