製薬協について 製薬協について

臨床試験の登録・結果公開に関するIFPMA共同指針(2008.11.18) Q&A

「臨床試験登録簿およびデータベースを介した臨床試験情報の開示に関する共同指針」の改定版が2008年11月18日に作成され、初版において公開範囲とした検証的試験に加え、有効性をみる探索的試験の情報も公開することとし、より広範囲の情報を利用できるようになり、この度、医薬品評価委員会において本共同指針に基づいてQ&Aを作成いたしました。
なお、本Q&Aは、2005年6月付の「臨床試験の登録・結果公開に関する実施要領」および「臨床試験の登録・結果公開に関する実施要領 Q&A」に優先するものです。

参考:改定共同指針は、下記をご参照下さい。

PDFのご利用には、Acrobat Reader日本語版が必要です。Acrobat Reader日本語版は、アドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

このページのトップへ

  • キャンペーン
  • 製薬協ニューズレター メールマガジン登録はこちらから
  • くすり研究所
  • 治験について
  • グローバルヘルス
  • Stop AMR 薬剤耐性に対する製薬協の取り組み
  • APAC
  • くすりの情報Q&A
  • 製薬協のテレビCM